カテーテルアブレーションについて

 

不整脈科部長 谷口 宏史

 はじめに:

 頻脈性不整脈の代表的な治療であるカテーテルアブレーション手術を当院でも開始しております。この手術は主には心房細動、心房粗動、発作性上室性頻拍症、頻発性心室期外収縮、心室頻拍症などの病気が対象となります。

 
 上記の疾患と診断された患者さんや不整脈に伴う動悸・息切れ症状等にてお困りの患者さんは当院外来にてカテーテルアブレーションを含めた治療法などご相談させて頂ければと思います。

 

 心房細動とは:

 治療すべき中で最も多い不整脈である心房細動について説明させて頂きます。

 
 心臓は心臓に戻ってくる血液を貯めるプールとなる心房と血液を心臓の外に送り出すポンプ機能を有する心室が交互に働くことで血液を循環させている臓器ですが、心房細動はその心房が非常に速く興奮(350—400回/分)することにより生じます。その速い興奮は不規則にしか心室に伝わらず、また、心房と心室の動きもうまく連携が取れなくなるため、血液の循環がうまくいかず動悸・息切れの症状を自覚するようになります(患者さんによって症状にはかなり差があります)。

 
 また、特に心房は痙攣したような状態でほとんど収縮できなくなるため血液の流れが悪くなり、心房内に血液がうっ滞するようになり心房内に血の塊(血栓)ができてしまうことがあります。これが心臓から剥がれ出て血管に詰まるといろいろな臓器で梗塞を起こしてしまいます。特に、脳の比較的根元に近い血管に詰まると後遺症を残すノックアウト型と言われる大きな脳梗塞を起こすことがあります。

 
 そのため、心房細動の患者さんは、心房細動自体の治療と脳梗塞予防の治療を2本立ての治療が必要となります。

 
 また、心房細動は加齢、高血圧、過剰なストレス(精神的、飲酒等)などにより、心筋が傷ついて(変性して)起こるようになってくる疾患でもあり総合的な管理が必要となります。

 

 カテーテルアブレーションとは:

 カテーテルアブレーションは、電極カテーテルという先端に金属のついたカテーテルを用いた不整脈の治療のことです。

 
 心臓の内部で治療用の電極カテーテルと患者さんの背中に貼った対極板との間で高周波という特殊なエネルギーで熱を発生させて、心筋を選択的に熱焼灼することで頻脈、不整脈の原因となる異常な興奮を発する部位や異常な興奮が旋回する回路・伝導路を治療する方法のことを言います。

 

 

 心房細動に対するカテーテルアブレーション治療

 心房細動は、主には、肺から左心房に帰ってくる血管である肺静脈や左心房との接合部で異常な興奮が生じ、それをきっかけとして心房細動が起こることがわかってきています(図1)。

 
 その肺静脈周囲(心房との境界部位)をアブレーションにより焼灼することで、異常な興奮が左心房に伝わらなくなり(肺静脈電気的隔離術)、また、その周囲の不均一な伝導を治療することにより多くの患者さんの心房細動発作を抑制できるようになりました(図2-1、2-2)。

 
 また、他の不整脈(心房粗動、発作性上室性頻拍症、頻発性心室期外収縮、心室頻拍等)においても、不整脈回路の治療、異常興奮部位の治療を行うことで根治的治療が可能となっています。

 
 

図1:肺静脈期外収縮の連発が心房細動を誘発

 
 

図2-1:CT画像(左心房と左右肺静脈)

 
 

図2-2:茶色のポイントが肺静脈周囲のカテーテルアブレーションによる焼灼巣

ページトップへ